メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平重盛邸

庭園池の跡 「都落ち」後も存続か 発掘調査 /京都

 平清盛の長男で内大臣を務めた平重盛(1138~79年)が平安時代末期、清盛の「西八条第(てい)」近隣に築いた邸宅「小松殿」があったと伝わる京都市南区戒光寺町で、庭園の池の跡が見つかった。発掘調査を担当した民間調査会社「文化財サービス」(伏見区)によると、火災の痕跡が見られず、西八条第など一門の屋敷が焼き払われた「平家の都落ち」(1183年)の後も存続したとみられる。鎌倉時代初頭には埋め戻されており、「平家の盛衰をうかがわせる遺構」としている。

 不動産開発に伴い、小松殿があった平安京の左京八条二坊五町の一部約225平方メートルを5月7日~6月…

この記事は有料記事です。

残り438文字(全文712文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  2. 吉本興業 宮迫博之さんとの契約解消
  3. 発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…
  4. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  5. ORICON NEWS 松本人志、闇営業の処分内容に疑問 宮迫・亮と後輩「分けてもいいのかなって」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです