メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラボ便り

B型肝炎 低分子化合物がウイルス抑制 既存の薬と併用で効果的 /京都

 ウイルスの増殖を抑えたり、免疫を活性化したりする効果を持つインターフェロンに似た低分子化合物が、B型肝炎ウイルスの増殖を抑制することを、京都大と理化学研究所などのグループが突き止めた。B型肝炎の治療法はインターフェロンや核酸アナログ製剤の投与があるが、副作用や耐性の問題があり、治療を中止するとウイルスが再活性化する危険性もあった。低分子化合物を併用した場合、副作用の軽減や再活性化を抑制できる可能性がある。成果は今月、米科学誌「プロ…

この記事は有料記事です。

残り327文字(全文545文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  2. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  3. 実体験もとに性依存症を漫画化 なぜ作者は公表したのか

  4. 千葉県 37歳女性職員、病気休職中に風俗店勤務で処分

  5. 小4男児遺体 首には絞められたような痕 さいたま市見沼区

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです