メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「須恵器」窯跡

保存を 堺市の公園整備計画、住民ら「守る会」結成 泉北ニュータウン泉ケ丘地区 /大阪

古代の窯跡が残る濁池対岸の丘陵を指し「貴重な遺跡が残っていることを軽視しないでほしい」と話す新保憲一さん=堺市南区で、花澤茂人撮影

 堺市が泉北ニュータウン泉ケ丘地区(南区)で計画する公園整備を巡り、地元住民らが遺跡の破壊を懸念している。周辺は古代、焼き物のルーツとされる「須恵器(すえき)」の一大産地で、計画地内には窯跡が点在する。住民らは「すえむら濁池(にごりいけ)の窯跡を守る会」を結成、近く保存運動を始める予定だ。【花澤茂人】

 同市では地元の大山古墳(仁徳天皇陵)などを含む「百舌鳥(もず)・古市(ふるいち)古墳群」の世界文化遺産登録が確実視され祝福ムードに包まれるが、有識者らは「目立たない遺跡にも丁寧な対応を」と今後に注目している。

この記事は有料記事です。

残り810文字(全文1066文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  2. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

  3. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  4. ボーガンで3人死亡 23歳逮捕「家族に矢放った」 兵庫・殺人未遂容疑

  5. 持続化給付金 なぜ再委託? 差額20億円の用途は? 説明渋る与党

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです