メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

合区山陰のいま

/4止 子育て 保育士不足どう解消 無償化で待機児童増も /島根

 「保育士は子供の成長を追うことができる幸せな仕事。でも最近なりたいという人が減っている気がする……」。鳥取市数津ののぞみ保育園、清水幸江園長(60)は無邪気に遊ぶ園児らを横目につぶやいた。人口流出が続く山陰両県では人材確保が喫緊の課題だ。政府の看板政策である幼児教育・保育無償化を10月に控え、関係者は保育士不足や待機児童増に拍車がかかることを危惧している。

この記事は有料記事です。

残り948文字(全文1128文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 死者54人不明17人 避難者3万8000人 雨に警戒を 台風19号

  3. 長野・佐久でボランティア受け付け開始 若者ら232人が片付けに汗

  4. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  5. 満身創痍ギリヤーク尼ヶ崎さん 西新宿で青空舞踏 命の尊さ祈り捧げる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです