メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

再生の道標

西日本豪雨1年 「また真備に戻ってきて」 子ども神輿、復活へ ネットで寄付集め 倉敷 /岡山

高台に保管していたため浸水被害を免れた御輿の本体と、中西さん親子=岡山県倉敷市真備町箭田で、戸田紗友莉撮影

 昨年7月の西日本豪雨で浸水被害を受けた倉敷市真備町地区で、昨年は中止を余儀なくされた「子ども神輿(みこし)」を復活させようと、インターネットのクラウドファンディングを使った寄付集めが行われている。提案した真備町有井地区で実行委員長を務める中西泰章さん(38)は、「子どもたちが元気に神輿を担ぐ姿を見て、『また真備に戻ってこよう』と思ってもらえたら」と期待を込めている。【戸田紗友莉】

 「西園神社秋祭り」の子ども神輿は、毎年10月に開催。「わっしょい、わっしょい」のかけ声とともに、1…

この記事は有料記事です。

残り766文字(全文1008文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 破産手続き開始の大沼が記者会見「お客様、関係者におわび」 全店舗で営業停止

  2. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  3. 「真相はどうなっているんだ」 新型肺炎拡大の中国・武漢 ネットで院内感染情報飛び交う

  4. 新型肺炎 武漢へのチャーター機派遣延期

  5. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです