メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

災害住宅整備/住宅再建補助…一日も早い復興目指す 倉敷・伊東市長、合同インタビュー /岡山

 昨年の西日本豪雨で甚大な被害が出た真備町地区がある倉敷市の伊東香織市長が27日、豪雨から1年を迎えるのを前に、報道各社の合同インタビューに応じた。「被災者と一緒に一日も早い復興を目指す」として、住宅再建の取り組みを加速させていく決意を改めて述べた。

 伊東市長は、7000人以上が今なお仮住まいを余儀なくされていることに触れ「被災者が早く元の場所に帰れるようにしたい」と強調。災害公…

この記事は有料記事です。

残り287文字(全文478文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 瀬戸内海、少し濁ってちょうどいい? 魚呼び戻せ 兵庫県が排水規制撤廃へ

  2. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

  3. 宮川花子さん、多発性骨髄腫を公表 「舞台に立って感謝の涙を流したい」

  4. 菅氏「高級ホテル50カ所」構想に批判噴出 「なぜ国費」「被災地支援が先」

  5. 疑問氷解 人間に育てられた犬や猫は、動物の言葉はわからないのですか?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです