メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夏のボーナス

県職員平均49万円 広島市59万円 /広島

 公務員の夏のボーナス(期末・勤勉手当)が28日、一斉に支給された。

 県の一般職員の支給率は前年より0・05カ月多い2・05カ月。管理職を除く行政職職員1816人(平均年齢31歳2カ月)の平均支給額は49万6544円で、前年比1・4%だった。特別職は湯崎英彦知事が前年比5・4%増の320万6089円。県議会議長は242万775円、県議は195万9675円(新議員は除く)で、ともに前年比5・3%増だった。

 広島市の支給率は、人事委員会勧告に加え、6月期と12月期の期末手当を均等に配分したことにより、前年…

この記事は有料記事です。

残り311文字(全文564文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 電車とホームドアの間に巻き込まれ医師死亡 稼働前で線路側に入れる状態 京急・上大岡駅

  2. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

  3. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  4. GSOMIAは継続 韓国が日本に伝達 政府関係者明らかに

  5. 電車の英語アナウンス、実はあの人…NHK「英語であそぼ」出演

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです