メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

石川創先生の鯨塾

/3 いよいよ商業捕鯨再開! 鯨食文化どう守る /山口

 7月から商業捕鯨が再開される。日本の捕鯨の歴史や、30年以上の中断を経て、今回どう再開されるかを中心に話したい。

 ■始まりは室町期

 産業として鯨を捕り始めたのは1570年ごろ。今の愛知県の漁師が集団で、鯨を突き捕ったのが古式捕鯨の最初といわれる。その後各地で専門の「鯨組」がつくられた。県内では今の長門市を中心にでき、冬に日本海を南下する鯨を狙った。網を鯨の前方に落として舟で追い、絡まったところをもりで仕留めるスタイルだった。

 近代捕鯨は動力船を使い、捕鯨砲でもりを撃つ。1899年、長門市仙崎で日本遠洋漁業(後の日本水産)が…

この記事は有料記事です。

残り898文字(全文1163文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 余録 「古着屋が袖口で知る左きき」…

  2. 韓国野党代表、頭丸めて法相罷免要求 2女性議員に次ぎ3人目

  3. 治安 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  4. 大坂なおみ選手「次は私に話してほしい」 日清アニメPR動画削除

  5. 佳子さまオーストリア訪問 大統領を表敬

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです