准教授雇い止め訴訟

1050万円差し押さえ 学校法人・梅光学院大の口座から 地裁下関支部 /山口

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 梅光学院大(下関市)を雇い止めになった男性准教授(47)が雇用関係の確認と未払い賃金の支払いなどを求めた地位確認等請求訴訟を巡り、山口地裁下関支部は未払い賃金と慰謝料の仮払いのため、同大を運営する学校法人・梅光学院の口座から約1050万円を差し押さえた。4月の広島高裁判決に基づく措置。准教授が28日、明らかにした。学院側は、担当者不在のため事実確認で…

この記事は有料記事です。

残り266文字(全文443文字)

あわせて読みたい

注目の特集