メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

県警

道案内を多言語対応 コールセンターと連携 来月から /愛媛

携帯端末を使って案内する女性警察官(右)=松山市道後湯之町で、遠藤龍撮影

 日本語を話せない訪日外国人らの落とし物や道の案内をスムーズにするため、県警は来月1日から、県が民間事業者に委託して運営している多言語コールセンターと連携した対応を始める。四国初の取り組みで28日、道後温泉駅前で携帯端末を使って通訳を介し道案内を行う訓練を実施した。

 県警には通訳者が39人いるが、それぞれ別の業務も行っている…

この記事は有料記事です。

残り245文字(全文408文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. オジー・オズボーンさんパーキンソン病告白 メタルの帝王「困難な状況だ」

  2. 第74回毎日映画コンクール 大賞に「蜜蜂と遠雷」 美しい映像で音楽表現 優秀賞「新聞記者」

  3. 議員あぜん「なぜこの資料あるのに示さなかったのか」 「桜」野党ヒアリング2回目詳報

  4. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  5. 論点 橋下徹さん「罪悪感なく公文書廃棄する政府の恐ろしさ」 桜を見る会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです