メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

とべ動物園だより

カバ 伝説を秘めた“向こう傷” /愛媛

ゆったり泳ぐハグラー。両目の上に白くなった傷がある=愛媛県砥部町上原町の県立とべ動物園で、木島諒子撮影

 とべ動物園のカバ・ハグラー(雄、31歳)には約30年前に打ち立てた「レジェンド」がある。開園当初からいる古株で、小さな耳と目鼻を水面から出し悠然と泳ぐ姿が愛らしいが、両目の上には白い傷が残る。この傷は語り継がれる伝説と深く関係しているという。

 1988年のある朝、ハグラーは生まれ故郷のアメリカから園にやってくる際に、横浜市の…

この記事は有料記事です。

残り246文字(全文410文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 破産手続き開始の大沼が記者会見「お客様、関係者におわび」 全店舗で営業停止

  2. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  3. 「真相はどうなっているんだ」 新型肺炎拡大の中国・武漢 ネットで院内感染情報飛び交う

  4. 新型肺炎 武漢へのチャーター機派遣延期

  5. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです