メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

本明川の鳥たち

イワツバメ 橋の下にたくさんの巣 /長崎

橋桁の下に作った巣でヒナに餌をやるイワツバメ=長崎県諫早市で2019年6月13日、足立旬子撮影

 たくさんの橋がかかる本明川。今月中旬、上宇戸橋(諫早市天満町)の下を通ると、忙しく行き来するツバメのような鳥たちがいた。見上げると、橋の下に10個以上の巣があり、子育てする姿も見られた。

 日本野鳥の会県支部の寺島正彦さん(64)によると、イワツバメだった。ツバメより小柄で尾は短い。羽は黒いが腰や頬…

この記事は有料記事です。

残り179文字(全文329文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  2. クマの親子とバッタリ 69歳男性、顔などかまれ重傷 滋賀

  3. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

  4. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

  5. 「日本で問題起きた」反日批判で外務省急変 ウィーン美術展公認取り消し

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです