メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ハンセン病

家族被害認定 差別助長、国に責任 熊本地裁、賠償命令

支援者の前で「勝訴」の紙を掲げる原告の弁護士=熊本市の熊本地裁前で2019年6月28日午後2時2分、田鍋公也撮影

 約90年に及んだハンセン病患者の隔離政策により家族も深刻な差別を受けたとして、元患者の家族561人が国に1人当たり550万円(総額約30億円)の損害賠償と謝罪を求めた集団訴訟の判決で、熊本地裁は28日、隔離政策が家族への差別も助長したと認定し、初めて家族への賠償を命じた。遠藤浩太郎裁判長(佐藤道恵裁判長代読)は「隔離政策は家族が差別を受ける社会構造を生み、憲法が保障する人格権や婚姻の自由を侵害した」と指摘。原告541人に総額3億7675万円を支払うよう国に命じた。【清水晃平】

 隔離政策を違憲として元患者への賠償責任を認めた2001年の同地裁判決(確定)の内容を踏襲しつつ、救済範囲を家族にまで拡大した。01年判決については、当時の小泉純一郎首相が控訴を断念して元患者に謝罪している。国が今回も控訴しなければ、ハンセン病問題の「残された課題」とされた家族の全面救済に大きく近づくことになる。

この記事は有料記事です。

残り667文字(全文1065文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 政府、マイナンバー「全口座ひも付け」義務化検討 来年の法改正目指す

  2. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  3. 「マスクの捨て方にマナーを」 専用ごみ袋 大阪の会社経営者が開発

  4. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  5. まさにアリの一穴…「ツイッター世論」は、なぜ、安倍政権を動かせたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです