メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

追跡

岐路に立つG20

大阪城を背に、集合写真に納まる各国首脳と配偶者ら=大阪市中央区で2019年6月28日午後7時43分(代表撮影)

 28日開幕した主要20カ国・地域(G20)首脳会議は、米中貿易戦争が世界経済に与える影響を巡る激しい議論で幕を開けた。過去10年近くにわたる世界的景気拡大は企業心理の悪化に伴う減速で、腰折れの危地に立つ。一方で急速に進むデジタル化に対応した国際ルール作りは急務となり、G20はその存在意義を保てるか岐路に立っている。【清水憲司、松本尚也、赤間清広】

この記事は有料記事です。

残り2790文字(全文2965文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子2位は「プリンス」服部勇馬 コース何度も試走、徹底した準備 MGC

  2. MGC STORY 鈴木亜由子「早熟」評価覆してくれた監督と集大成へ

  3. MGC STORY 前田穂南 芯の強さで台風の日も練習 補欠だった高校時代から才能大きく開花

  4. 男子1位は中村匠吾 愚直な努力家、2度のスパートで「4強」破る MGC

  5. 男子2位の服部、設楽の独走に「冷静でいられなかったが、自分の走りできた」 MGC

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです