メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

追跡

岐路に立つG20

大阪城を背に、集合写真に納まる各国首脳と配偶者ら=大阪市中央区で2019年6月28日午後7時43分(代表撮影)

 28日開幕した主要20カ国・地域(G20)首脳会議は、米中貿易戦争が世界経済に与える影響を巡る激しい議論で幕を開けた。過去10年近くにわたる世界的景気拡大は企業心理の悪化に伴う減速で、腰折れの危地に立つ。一方で急速に進むデジタル化に対応した国際ルール作りは急務となり、G20はその存在意義を保てるか岐路に立っている。【清水憲司、松本尚也、赤間清広】

この記事は有料記事です。

残り2790文字(全文2965文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 群馬・高崎にプロレス覆面専門店 東京からコロナ移住「マスク文化根付かせたい」

  2. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  3. ファクトチェック 「野党議員は自宅待機 自民党議員は無症状即入院」ツイートは不正確

  4. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  5. 50代中年ウーバー配達員の奮闘、苦悩 「感謝と複雑な思いと…」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです