メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

土記

落としたお財布は戻る?=青野由利

 <do-ki>

 お財布を落としてもたいてい戻ってくる。日本の治安のよさを示す定番の話だが、では、よその国ではどうなのか。

 今月、米サイエンス誌に米国とスイスの国際チームが公表した世界の「正直さ」調査が興味深い。チームが「意外だった」という結果の概略はこうだ。

 研究チームが用意したのは「お金が入っていない財布」と「13・45ドル相当の現地通貨が入った財布」。持ち主の連絡先が書かれた名刺やカギも入れ、世界40カ国355都市で、銀行、劇場、博物館などのカウンターに持って行き、「そこに落ちてました」と置いていく。合計で1万7303財布。

 その結果、持ち主に連絡が来た「返却率」は国平均で14~76%と開きがあった。高かったのはスイス、北欧諸国、オランダなど。低かったのはペルー、中国、モロッコなど。米英伊などは中ほどで、G20の国々もさまざま。

この記事は有料記事です。

残り650文字(全文1022文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国初 レクサスパトカー GT-Rに続き会社役員が栃木県警に寄贈

  2. 五輪招致疑惑、IOC委員側に3700万円 コンサル口座から

  3. 山梨のキャンプ場女児不明 両親が新たな写真を公開 

  4. ネグレクト、「親分の子」、そして薬物…高知東生さんが打ち明けた壮絶な生い立ち

  5. 「わー、よかった」明るい娘に“嫌な予感” 「キッズライン」性被害 母が証言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです