メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ

ハンセン病訴訟判決 家族差別放置を指弾 弁護団「画期的だ」

 ハンセン病元患者家族への差別に対する国の責任を認めた28日の熊本地裁判決は、隔離政策により家族も人権侵害を被ったと認定し、長らく差別除去に取り組もうとしなかった国や国会の怠慢を厳しく批判した。弁護団も「画期的な判決」と評価する家族側のほぼ全面勝訴となったが、国は控訴の可能性を探る。元患者や家族への差別や偏見は依然根強く、ハンセン病問題の完全解決は容易ではない。

 「ハンセン病差別をさらに除去するため、国の義務を初めて認めた画期的な判決だ。国民全員で偏見や差別を…

この記事は有料記事です。

残り2450文字(全文2682文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  2. あなたの参院選 1票の価値はベンツ1台分? あなたの1票をお金に換算
  3. 1人の女性を物色か 福岡・粕屋死体遺棄事件容疑者 勤務先「まさか」
  4. 「撤回まったく考えてない」 韓国と協議せず 経産相 輸出規制強化で
  5. 見知らぬ男に傘で目突かれる 目黒駅前で 男性失明の恐れ 警視庁捜査

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです