メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

国会改革のあり方

 第198通常国会が26日、150日間の会期を終え閉会した。今国会では統計不正問題や金融庁金融審議会が報告した老後資金2000万円問題も焦点化したが、3月末以降は野党が求める衆参両院の予算委員会を与党が拒否し続けるなど論戦は深まらなかった。党首討論は開催されたものの論戦は低調なまま。国会のあり方が問われている。

この記事は有料記事です。

残り2698文字(全文2854文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. いきものと生きる バッタ 海を渡る=五箇公一

  2. 月刊・時論フォーラム 馬毛島の基地計画/弾劾訴追/養鶏と政治

  3. 社説 11年ぶりに自殺者増加 コロナ下こそ届く支援を

  4. 社長ではなく総務部長? 安倍政権の大番頭「危機管理の菅」とは何だったのか

  5. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです