メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

国会改革のあり方

 第198通常国会が26日、150日間の会期を終え閉会した。今国会では統計不正問題や金融庁金融審議会が報告した老後資金2000万円問題も焦点化したが、3月末以降は野党が求める衆参両院の予算委員会を与党が拒否し続けるなど論戦は深まらなかった。党首討論は開催されたものの論戦は低調なまま。国会のあり方が問われている。

この記事は有料記事です。

残り2698文字(全文2854文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即興、紙見ず3分間 小泉環境相 初国連演説手応え 内容は具体性なく

  2. 引率の女児4人にわいせつ疑い 兵庫尼崎市公立小教諭逮捕 研修施設で

  3. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  4. ラグビー日本代表 アイルランド戦に向け 浜松で合宿スタート

  5. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです