G20

米露、関係改善を演出 「国際社会にとっても有益」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
G20サミットの夕食会を楽しむ(左から)トランプ米大統領、安倍首相、プーチン露大統領=大阪迎賓館で28日夜
G20サミットの夕食会を楽しむ(左から)トランプ米大統領、安倍首相、プーチン露大統領=大阪迎賓館で28日夜

 トランプ米大統領とプーチン露大統領は28日、G20首脳会議の会場で会談した。ホワイトハウスの声明によると、両首脳は「米露関係の改善が両国共通の利益であり、国際社会にとっても有益」との認識で一致した。軍縮問題のほか、イランやシリアなど中東や、ベネズエラとウクライナの情勢についても意見を交わした。

 両首脳の直接会談は昨年7月のヘルシンキでの会談以来およそ1年ぶり。会談は約1時間半に及んだ。

 冒頭、トランプ氏は「プーチン大統領と会えて光栄だ。貿易や軍縮など多くの協議すべきことがある。2国間の関係から、たくさんの前向きな動きが出てくるだろう」と述べ、プーチン氏に握手を求めた。

この記事は有料記事です。

残り622文字(全文910文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集