メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

奈良・飛鳥寺

風鐸出土 創建当初、国内最古級か

飛鳥寺旧境内地で見つかった風鐸の破片=奈良県橿原市で

 奈良文化財研究所(奈文研)は28日、飛鳥時代の588年に建設が始まった日本初の本格的仏教寺院・飛鳥寺の旧境内地(奈良県明日香村)の発掘調査で、建物の装飾に使われる青銅製の「風鐸(ふうたく)」の一部分が見つかったと発表した。製法などから創建当初の国内最古級の風鐸の可能性もあり、専門家は「当時の寺の構造を知る上でも貴重」としている。

 風鐸は建物の軒や塔の先端などに取り付けられる鐘の形をした装飾品。今回の調査で、破片1点が江戸時代ご…

この記事は有料記事です。

残り364文字(全文580文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  2. 吉本興業 宮迫博之さんとの契約解消
  3. 発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…
  4. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  5. ORICON NEWS 松本人志、闇営業の処分内容に疑問 宮迫・亮と後輩「分けてもいいのかなって」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです