メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

奈良・飛鳥寺

風鐸出土 創建当初、国内最古級か

飛鳥寺旧境内地で見つかった風鐸の破片=奈良県橿原市で

 奈良文化財研究所(奈文研)は28日、飛鳥時代の588年に建設が始まった日本初の本格的仏教寺院・飛鳥寺の旧境内地(奈良県明日香村)の発掘調査で、建物の装飾に使われる青銅製の「風鐸(ふうたく)」の一部分が見つかったと発表した。製法などから創建当初の国内最古級の風鐸の可能性もあり、専門家は「当時の寺の構造を知る上でも貴重」としている。

 風鐸は建物の軒や塔の先端などに取り付けられる鐘の形をした装飾品。今回の調査で、破片1点が江戸時代ごろに整地された土から見つかった。メッキが施された青銅製で、上の部分とみられる長さ8・4センチ分が残っていた。全体では最大で長さ20センチ程度の、風鐸としては小型のものと推定され、形状などから奈良時代以前のものとみられるという。

この記事は有料記事です。

残り251文字(全文580文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「鬼滅の刃」 興収259億円に 「アナ雪」超えの国内歴代3位

  2. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  3. 大阪ガスが反撃 ホンダと6点差に 西脇、本塁打の次は適時二塁打 都市対抗 

  4. ホンダ猛攻 三回に3ランなどで一挙11得点 大阪ガスも大会5号 都市対抗

  5. 立憲、安倍前首相の国会招致求める 小泉氏ら閣僚、コメント回避相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです