メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

美・BEAUTY

夏の肌ケア こまめに汗ふき、保湿忘れず

 蒸し暑い梅雨から夏にかけては、汗をかきやすい季節。外出先では臭いや化粧崩れが気になり、皮膚トラブルも心配だ。予防や対処方法について、それぞれ専門家に聞いた。

 汗の成分や臭いの原因は何か。わきがや多汗症の治療が専門の五味クリニック(東京都新宿区)の五味常明院長は「長時間放置した汗と、急にかいた汗は臭いやすい」と説明する。汗は全身に分布する汗腺「エクリン腺」と、脇の下などにある「アポクリン腺」から出る。体温調節のために分泌されるのはエクリン腺からの汗で、成分はほとんどが水分。汗そのものは臭わないが、放置すると雑菌が繁殖して臭いが発生する。

 また、急に汗をかくと、血液に吸収されるはずの塩分やアンモニアも一緒に排出されるため、べたついたり臭ったりしやすいという。急に気温が上がった時や緊張した時に出やすい。エアコンの利用時間が長く、あまり汗をかかない人も注意したい。五味院長は「臭わない汗をかくには、普段から適度に汗をかいておくことが必要。塩分などが余計に失われず、熱中症予防にもつながる」と話す。

この記事は有料記事です。

残り1413文字(全文1863文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

  2. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  3. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える 行革や効率性で「文句を言う人」飛ばす怖さ 菅政権の新自由主義 重田明大教授

  5. 時代の風 菅政権1カ月 民主主義の本質は議論=藻谷浩介・日本総合研究所主席研究員

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです