メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

美・BEAUTY

夏の肌ケア こまめに汗ふき、保湿忘れず

 蒸し暑い梅雨から夏にかけては、汗をかきやすい季節。外出先では臭いや化粧崩れが気になり、皮膚トラブルも心配だ。予防や対処方法について、それぞれ専門家に聞いた。

 汗の成分や臭いの原因は何か。わきがや多汗症の治療が専門の五味クリニック(東京都新宿区)の五味常明院長は「長時間放置した汗と、急にかいた汗は臭いやすい」と説明する。汗は全身に分布する汗腺「エクリン腺」と、脇の下などにある「アポクリン腺」から出る。体温調節のために分泌されるのはエクリン腺からの汗で、成分はほとんどが水分。汗そのものは臭わないが、放置すると雑菌が繁殖して臭いが発生する。

 また、急に汗をかくと、血液に吸収されるはずの塩分やアンモニアも一緒に排出されるため、べたついたり臭ったりしやすいという。急に気温が上がった時や緊張した時に出やすい。エアコンの利用時間が長く、あまり汗をかかない人も注意したい。五味院長は「臭わない汗をかくには、普段から適度に汗をかいておくことが必要。塩分などが余計に失われず、熱中症予防にもつながる」と話す。

この記事は有料記事です。

残り1413文字(全文1863文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 南西諸島でゴキブリ新種見つかる 国内で35年ぶり 多様性解明に一歩近づく

  2. 大学爆破予告容疑で阪大院生を再逮捕 「恒心教」名乗り繰り返す? 警視庁

  3. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  4. 三菱重工広島が初回に2点先制 松永、松原が連続適時二塁打 都市対抗

  5. 東京都、飲食店などに時短要請へ 25日午後5時からの記者会見で公表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです