メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

美・BEAUTY

夏の肌ケア こまめに汗ふき、保湿忘れず

 蒸し暑い梅雨から夏にかけては、汗をかきやすい季節。外出先では臭いや化粧崩れが気になり、皮膚トラブルも心配だ。予防や対処方法について、それぞれ専門家に聞いた。

 汗の成分や臭いの原因は何か。わきがや多汗症の治療が専門の五味クリニック(東京都新宿区)の五味常明院長は「長時間放置した汗と、急にかいた汗は臭いやすい」と説明する。汗は全身に分布する汗腺「エクリン腺」と、脇の下などにある「アポクリン腺」から出る。体温調節のために分泌されるのはエクリン腺からの汗で、成分はほとんどが水分。汗そのものは臭わないが、放置すると雑菌が繁殖して臭いが発生する。

 また、急に汗をかくと、血液に吸収されるはずの塩分やアンモニアも一緒に排出されるため、べたついたり臭…

この記事は有料記事です。

残り1542文字(全文1863文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 職場で体調崩し、女性は死亡した 119番まで「3時間40分」早められたのか

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  4. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  5. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです