メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
陸上

日本選手権 男子100 サニブラウン圧勝 10秒02大会新

男子100メートル決勝で1位でフィニッシュするサニブラウン(右)。左は2位の桐生=福岡市の博多の森陸上競技場で2019年6月28日、久保玲撮影

 陸上の世界選手権(9~10月、ドーハ)代表選考会を兼ねた日本選手権は第2日の28日、福岡市の博多の森陸上競技場で男女計10種目の決勝があり、男子100メートルは日本記録保持者のサニブラウン・ハキーム(米フロリダ大)が10秒02(向かい風0・3メートル)の大会新記録で2年ぶり2回目の優勝を果たし、世界選手権代表に内定した。桐生祥秀(日本生命)が10秒16で2位、小池祐貴(住友電工)が10秒19で3位だった。

 女子やり投げは北口榛花(日大)が63メートル68の大会新で初優勝し、代表に内定。男子800メートル…

この記事は有料記事です。

残り2990文字(全文3245文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 陸自試験で集団カンニング、45人停職 教官漏えい、写真撮りスマホで同僚に拡散

  2. 中京学院大中京・藤田主将 高校No.1捕手が到達した「個々の強み生かすリード」

  3. 「突然画像が表示されて」「自分は特定されているのか」エアドロップ痴漢 被害女性、パニックに

  4. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  5. 相次ぐ「エアドロップ痴漢」 設定変更で被害防止を

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです