メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

切符のメモリー

軽井沢50円区間

[PR]

 運賃改正時の暫定書式の券。昭和41年7月6日発行。


     1872(明治5)年の鉄道開通とともに140年以上にわたって日本で使われてきた切符。1枚の小さな紙片には、発行された当時の世相や空気が凝縮されています。明治から現代まで「切符のメモリー」を写真で紹介します=随時更新

     <資料提供>食堂ほんだ(茨城県大洗町)。地元では「いつもの食堂」と呼ばれる人気店。主人が鉄道好きで知られ、店内にはさまざまな鉄道関連のものがあり、切符は数万枚を収集している。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 藤田菜七子騎手が中央重賞初制覇 女性騎手初

    2. 九州新幹線、運転見合わせ 線路に人、ひかれたか 熊本・新八代駅

    3. 女王ザギトワ、まさかの最下位 ジャンプが軒並み回転不足 GPファイナル女子

    4. 中村哲さん銃撃後「誰も生きていないな」武装集団4人前後、計画的犯行か

    5. 植松被告接見一問一答(18~26回目)「死刑になるつもりはないです」「価値のある人間になりたいと思っていた」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです