トランプリスク顕在化 日米安保見直し発言 日本否定 大統領選影響か

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 「今回の日米首脳会談で日米間の安全保障や防衛問題に関するやりとりは一切ない」。野上浩太郎官房副長官は29日夜、記者団に対し、前日28日の日米首脳会談で日米安保条約を巡るやりとりはなかったと説明。さらに、「日米間で日米安保条約の見直しといった話は一切なく、米大統領府との間でもその旨は確認している」と語った。

 ただ、トランプ氏は「半年間」、首相と条約について話してきたと語った。野上氏は、記者団に「これまでにも言ったことはないのか」と迫られると、「首脳間の外交上のやり取りを明らかにすることは差し控えたい」と回答を避けた。

この記事は有料記事です。

残り646文字(全文907文字)

あわせて読みたい

注目の特集