メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

不測の質問警戒? 首相会見、終了予定5分前に打ち切り

G20サミットを終え、記者会見する安倍晋三首相=大阪市住之江区で2019年6月29日午後2時59分、平川義之撮影

 安倍晋三首相は29日、主要20カ国・地域(G20)首脳会議の閉幕後、議長として記者会見に臨んだが、予定の30分間を過ぎないうちに司会役が会見を打ち切り、報道陣からは不満も出た。

 首相の会見はG20閉幕後の29日午後2時50分から30分間を予定し、各国メディアに公式日程として通知されていた。司会は長谷川栄一首相補佐官兼内閣広報官が務めた。安倍首相が冒頭、データ流通に関する国際的なルール作りや海洋プラスチックごみ対策の成果をアピール。質疑に入り、日本メディアと外国メディアから交互に2人ずつ指名されたが、計約25分間で終了した。さらに1~2人分の質疑は可能だった。

 首相は、世界貿易機関(WTO)改革、日本の海洋プラごみ対策、イラン情勢、次期議長のサウジアラビアへのアドバイスなどに関して4人の質問に答えたが、手元の答弁案を参照しているような場面もあるなど、会見は終始「安全運転」。4人目への答弁後、長谷川氏が「予定時間を超過した」として会見を終了し、首相は退席した。【秋山信一】

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 吉本興業 宮迫博之さんとの契約解消
  2. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  3. 発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…
  4. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  5. 太陽の塔、20日から光のイベント 8月25日まで

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです