メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ゴミ回収衛星 歩行訓練ロボ 関西発日本の先端技術アピール G20で

G20の国際メディアセンター内で、自転車に乗って動くロボットを操作する外国政府の幹部=大阪市住之江区のインテックス大阪で2019年6月29日午後0時10分、宇都宮裕一撮影

 G20サミットの会場となった国際展示場「インテックス大阪」(大阪市住之江区)では、関西を地盤とする企業の先端技術や2025年大阪・関西万博を紹介するブースを設置。海外から詰め掛けた外国報道関係者らに「大阪」「関西」をPRした。

 パナソニックは、高齢者向けに歩行能力が衰えないようにサポートする訓練ロボットを展示。川崎重工業は、宇宙空間でゴミを回収する人工衛星の模型を披露した。また、村田製作所は、自転車を運転できる最新ロボットなど…

この記事は有料記事です。

残り324文字(全文540文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クックパッドニュース 一生使える!レストランシェフが作った「ゆで卵の時間表」が超絶便利

  2. 「サムハラ神社」神職が祈とう中にわいせつ行為の疑い 大阪府警が逮捕

  3. 政府のウィズコロナ「間違っている」? 疫学専門医師が訴える「ゼロコロナ戦略」とは

  4. 大阪は新たに273人感染、300人下回るのは3週間ぶり 新型コロナ

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです