特集

気候変動

気候変動対策強化へ世界が動き始めました。日本も新たな目標を設定。地球を守るために何が必要でしょうか。

特集一覧

仏の抗議で復活 パリ協定言及 米の独自対策に配慮 G20温暖化合意

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
夕食会に臨む各国首脳ら=大阪市住之江区で2019年6月28日、外務省提供
夕食会に臨む各国首脳ら=大阪市住之江区で2019年6月28日、外務省提供

 「意見の違いがあったが、最後の局面で首脳間でのやり取りも行い、一致点を見いだすことができた」。閉幕後の記者会見で安倍晋三首相は、米国のトランプ大統領やドイツのメルケル首相、フランスのマクロン大統領ら、合意のカギを握った首脳の名前を挙げ、地球温暖化対策を巡る交渉を振り返った。

 温暖化対策の国際的な枠組み「パリ協定」は来年始まる。しかし、米国が2017年に離脱を表明し、G20の中でも、協定下の取り組みに積極的な欧州連合(EU)などと路線対立が生じている。

 議長国の日本は当初、米国の孤立を避けようとG20全体での合意にこだわった。パリ協定を前面に出せば米国の賛同は得られないため、首脳宣言の原案には温室効果ガス排出を減らすイノベーション(技術革新)の重要性などを掲げたものの、協定下での対策強化は明記しなかった。

この記事は有料記事です。

残り641文字(全文998文字)

【気候変動】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集