メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ワクチン「拒否」で討論会 国連でユニセフなど

討論会でワクチン接種に対する日本の支援について話す別所浩郎国連大使(中央)=米ニューヨークで28日、隅俊之撮影

 インターネット上で広がるワクチンへの間違った情報を理由に予防接種を拒否する「ワクチン忌避」を防ごうと、国連児童基金(ユニセフ)と日本の国連代表部などは28日、米ニューヨークの国連本部で専門家らによる討論会を開いた。国連代表部とユニセフはワクチン接種を呼びかける活動を展開しており、その一環で開催した。

 ユニセフによると、発展途上国などを中心にワクチン接種で年間200万~300万人の命が救われている。ただ、近年はソーシャルメディアで「予防接種で不妊症になる」などと医学的な根拠のない情報やうわさが広がり、子どもらにポリオやデング熱などの予防接種を受けさせないケースが新たな問題になっている。

この記事は有料記事です。

残り359文字(全文655文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍首相は誰に向けて語っていたのだろうか わずか16分間の会見を考える

  2. 「予防効果一言も」「しゃべれなくなる」うがい薬発表翌日の吉村知事一問一答

  3. 松尾貴史のちょっと違和感 大阪府知事「うがい薬でコロナ陽性減」 個別商品示す意味あるのか

  4. 「今、東京から?」拒まれ、仮住まいで焼死 岩手「ついの住みか」のはずが

  5. 疫病と人間 第2波は?「喉元過ぎれば熱さ忘れる日本人」の弱さ 岩田健太郎・神戸大教授

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです