メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

小松、得意の引きメン 満を持しての一打 全日本女子学生剣道選手権

決勝で相手の攻撃をしのぐ明治大の小松(右)=エディオンアリーナ大阪で2019年6月29日、望月亮一撮影

 学生剣道の女子個人日本一を争う第53回全日本女子学生剣道選手権(毎日新聞社、全日本学生剣道連盟主催)が29日、エディオンアリーナ大阪で行われ、明大対決となった決勝は小松加奈(3年・東奥義塾)が山崎里奈(2年・中村学園女子)を延長戦の末に降し、初優勝を果たした。10人勝ち抜きで争う全日本女子学生剣道東西対抗試合は大将戦にもつれ込み、筑波大の竹中美帆(4年・島原)が朝日大の斎藤彩華(同・広島皆実)を破り、東軍が2年ぶりの勝利で通算成績を6勝7敗とした。30日は第67回全日本学生選手権が同じ会場で行われ、男子の個人日本一が決まる。

この記事は有料記事です。

残り579文字(全文845文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

  2. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  3. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  4. 「NHKと契約したら受信料は義務」政府が答弁書 スクランブル放送には否定的見解

  5. タイタニック、腐食進む 14年ぶり有人海底探査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです