メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ナジックニュース

1人暮らしの学生たちが交流 東京のホテルで「ウエルカムパーティー2019」開催

開会のあいさつをする学生情報センターの吉浦勝博社長
ウエルカムパーティーでは、グアム旅行などが当たる抽選会も行われた

 親元を離れ、マンションや寮で1人暮らしを始めた学生同士の交流を図る「ウエルカムパーティー」が6月28日、東京都新宿区の京王プラザホテルで開かれた。学生マンションや寮の管理・運営、キャリア支援などを行っている「学生情報センター」(ナジック)が企画し、都内の大学や専門学校に通う学生や学生マンションオーナーら約630人が参加した。

    中央大応援団によるアトラクションが花を添えた

     ナジックの吉浦勝博社長が「このパーティーは友だちづくりの場になっているが、今後もさまざまな形で皆さんのキャンパスライフをサポートしていきたい」と開会のあいさつ。来賓の東洋大の竹村牧男学長は「世界有数の都市である東京での生活を満喫しながら、変化の激しい時代に対応できる能力を育成してほしい」と学生たちを激励した。学生を代表して法政大キャリアデザイン学部1年の平手琴乃さん(愛知県出身)が「たくさんの人と交流を深めたい」と乾杯の音頭を取った。

     学生たちは食事をしながら交流。中央大応援団によるアトラクションや海外旅行などが当たる抽選会などもあり、和やかな雰囲気の中で親睦を深めた。

     ウエルカムパーティーは5月から大阪、福岡、名古屋、仙台、京都、東京の6会場で開催され、計約2200人が参加した。【中根正義】

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. SMAP元メンバー出演に圧力か ジャニーズ事務所を注意 公取委
    2. ジャニーズ「圧力の事実はないが当局の調査は重く受け止める」 HPでコメント発表
    3. 民放テレビ局幹部 ジャニーズ事務所から「圧力ないが過剰にそんたくはあったかも」
    4. 「吾郎ちゃんら元SMAP3人、なぜテレビに出ないの?」に公取委が判断 ジャニーズに注意
    5. 新しい地図 ファンの笑顔と共に 3人で描く

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです