メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

昔はド定番だったのに! クルマの黄色いフォグランプが消えたワケ

情報提供:カートップ

昔はド定番だったのに! クルマの黄色いフォグランプが消えたワケ

実用性は黄色の方が上にも関わらず白が流行

 ちょっと前まで、フォグランプの色は黄色が定番だったのに、最近はすっかり見かけない。新車のオプションも白いLEDのフォグランプが主流で、黄色いフォグランプは少数派……。なぜ黄色いフォグランプの影が薄くなってしまったのか?

 そもそもフォグランプは、保安基準で「前部霧灯」と呼ばれるライトで、霧等や雨、雪などによって、より視界が制限されている場合に、クルマの前方を照らす照度を増加させ、ドライバーの視認性をよくするのが目的。そのフォグランプには保安基準で色の指定があり、「白色または淡黄色で、すべてが同一のものであること」と規定されている。

フォグランプ

 ちなみにヘッドライトも以前は、白もしくは黄色というルールだったが、平成18年1月1日以降のクルマは、「白色」しか認められていない。しかし、フォグランプは上記のように黄色もOKなので、誤解のないように。

 そして肝心なことは、白い光よりも黄色い光の方が光の波長が長く、霧、雨、雪など、荒天時に、水滴、水分を貫通して路面に光が届きやすいということ。

フォグランプ

 一方、白い光は光の波長が短いため、霧や雨、雪に当たると乱反射し、透過性や視認性は今ひとつ……。つまり、荒天時の視認性を高めるという意味では、白いフォグランプより、黄色右フォグランプの方が優れているということ。

 にもかかわらず、黄色いフォグランプがマイナーになり、白いフォグランプが幅を効かせているのはなぜなのか。

フォグランプ

【続きはこちら】


情報提供:カートップ

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  2. アイヌ「先住民否定」日本会議が講演会 札幌市施設で開催へ 抗議相次ぐ

  3. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  4. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  5. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです