メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

唐草模様にモザイク柄! 新車スクープで見かける擬装ラッピングのクルマは公道で何をしている?

情報提供:カートップ

唐草模様にモザイク柄! 新車スクープで見かける擬装ラッピングのクルマは公道で何をしている?

テストコースでは確認できない内容もある

 新車スクープといえば、縞々やドットなどでカモフラージュ(擬装)されたクルマの写真がおなじみだ。擬装している理由は、ボディの面をわかりづらくするためで、新型車の姿を隠したいからにほかならない。しかし、見せたくないのであればテストコース内を走っていればいいだろうに、擬装してでも公道を走るには何か理由があるのだろうか。

 クルマの開発や試作にはいくつもの段階があるが、擬装しているほど隠さなければいけない状態というのは、ほぼ市販に近づいた状態といえる。その段階であれば、基本的な走行性能や耐久テストは完了しているとみていい。いくら開発車両といっても、いつ止まるともわからないような状態で公道に持ち出すとは考えづらい。しかし、公道でなければ確認できないこともあるから、ある程度のリスクを負ってでも公道試験を行っている。

偽装車

 その代表例といえるのが、夏場の首都高の渋滞だ。走行風が期待できない渋滞で、なおかつエアコンをフル稼働するようなシチュエーションというのは冷却系に厳しく、オーバーヒートを起こしかねない。日本で販売するクルマにおいて、「夏場の渋滞ではオーバーヒートの可能性があるのでエアコンを使わないように」などと但し書きをつけることはあり得ないだろう。そのため、輸入車などでは積極的に公道試験を行い、冷却系の性能を確認している。

偽装車

【続きはこちら】


情報提供:カートップ

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮崎で竜巻か 車が横転、屋根も飛ぶ JRは停電、運転見合わせ

  2. ORICON NEWS 水川あさみが窪田正孝と結婚「互いに人としても役者としても尊敬」[コメント全文]

  3. ORICON NEWS 窪田正孝&水川あさみが結婚 正式発表「にぎやかで面白い家庭を」[コメント全文]

  4. 徳島、大分、熊本、宮崎で「レベル4相当」 台風17号、九州西側に

  5. 松尾貴史のちょっと違和感 台風15号が千葉県直撃 組閣を優先した「棄民」政権

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです