メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「あの日」を未来へ

新米先生・防災教育に挑む 春編/下 初めての引き渡し訓練 「命預かる責任」胸に /宮城

保護者引き渡し訓練で待ちわびる佐藤双波さん(右)を母恵美さんが迎えに来た。阿部航大教諭(中央)も安心し、みな笑みがこぼれた=宮城県石巻市の東浜小で

津波見据えた対応徹底

 午後3時。パソコンとにらめっこしていた石巻市立東浜小の鈴木哲也教頭(51)は時計を確認すると、一斉メールを送信した。この日は6月12日。41年前の宮城県沖地震を教訓に、県内各地の学校で避難訓練が行われていた。海を望む海抜26・4メートルの同小でも地震・津波の避難訓練と、保護者引き渡し訓練を計画した。阿部航大先生(25)にとって初めての訓練が始まった。

 2階の広間には子供たちが体育座りしている。メールを待ち構えていた父母らが続々とやって来た。「避難先…

この記事は有料記事です。

残り998文字(全文1235文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  2. 高齢者事故「娘の死は殺人」 発生3年、母が制度改正訴え活動

  3. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出

  4. HIV感染告げなかったことを理由に内定取り消し 社会福祉法人に賠償命令 札幌地裁

  5. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです