メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

強制不妊被害の全面回復求める 仙台弁護士会長声明 /宮城

 仙台弁護士会(鎌田健司会長)は28日、「旧優生保護法による被害の全面回復を求める会長声明」を発表した。声明は27日付で、旧優生保護法(1948~96年)下で不妊手術を受けさせられた障害者への個別通知や被害の全面回復を国に対して求めた。

 旧法を巡っては、県内の60代と70代の女性2人が仙台地裁に国家賠償請求訴訟を起こし、地裁は5月28日、旧法の…

この記事は有料記事です。

残り261文字(全文434文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. マンホールから頭出し車と接触、死亡 下水道清掃中に 愛知・刈谷

  2. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  3. 欧州、豪でも初の感染者 中国では1287人、死者41人に 新型肺炎

  4. 広島原爆アーカイブ 被爆3日後の少女「73年前の母だ」 毎日新聞記者撮影、長男が名乗り

  5. 岐阜信用金庫理事、ひき逃げ容疑で逮捕 帰宅の途中

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです