メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪

聖火ランナー公募 県があすから 宮城ゆかりの65人 /宮城

 2020年東京五輪聖火リレーについて、県は28日、一般から募集する聖火ランナーの応募方法を発表した。県内を走る約240~270人のうち、県が選出する約65人を公募。7月1日~8月31日の間に応募する。

 応募要件は2008年4月1日以前に生まれ、現在または過去に住居や職場、学校が県内にあるなど、宮城にゆかりのある人が対象。国籍や性別は問わない。障害がある人は介助者によるサポートも可能。

 応募用紙の記載事項には、応募動機や第三者からの推薦の他、県独自で「宮城の震災復興への思い」を取り入…

この記事は有料記事です。

残り359文字(全文603文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国「感染力強まった」 海外団体旅行禁止

  2. 日本人名のローマ字表記 「名→姓」定着は西洋人コスプレ?

  3. 元NBA選手、コービー・ブライアント氏死亡 ヘリ墜落で

  4. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」破産申請へ 従業員200人解雇方針

  5. 平幕の徳勝龍が初優勝 「幕尻」優勝は20年ぶり 千秋楽結びの一番も勝利

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです