メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

古本は巡る

千葉の古書店/5止 店作り、新たな動き 探す楽しさ共有の場に /千葉

「アベイユブックス」の菊池さん夫妻。土日には智恵子さん手作りの焼きたてのパンが店内に並ぶ=千葉県佐倉市鏑木町で

 佐倉市鏑木町の古書店「アベイユブックス」には毎週土日、焼きたての天然酵母パンが並ぶ。食パンやソフトフランス、クリームパンなど、卵や乳製品は使わず豆乳やココナッツミルクの優しい味わいだ。菊池聡さん(50)、智恵子さん(46)夫妻が約2年前に開店した。パンは智恵子さんの手作りだ。

 書店を開くのは智恵子さんの長年の夢だった。出身地である佐倉の城下町の街並みが好きで、店を開くなら佐倉と決めていた。アンデルセン、マザー・グース、グリム童話など外国の絵本が好きで、3人の娘のために集めた絵本や児童書などの蔵書は1000冊を超えていた。小説や専門書、雑誌など幅広く扱うが、メインは絵本だ。「絵本は子どもだけの読み物ではない。伝承や昔話をつないでいきたい」と言う。

 ネット販売に転身する店舗が多い中での開店に、聡さんは「まだ試行錯誤の中にある」と話す。店は京成佐倉…

この記事は有料記事です。

残り692文字(全文1069文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  2. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  3. 日本政府、中村医師の襲撃情報を事前に把握 本人も警戒

  4. ボクシングの協栄ジムが活動休止へ

  5. どうする国民年金 (1)基礎年金生活者・単身女性に訪れる甘くない将来

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです