メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

激戦を前に

参院選2019京都 各党の思惑 「自公で45万票」掲げ 「安泰」の声に上滑り警戒 /京都

参院選に向けた自民党京都府連の総決起大会であいさつする西田昌司氏。西脇隆俊知事や門川大作・京都市長、公明党の竹内譲衆院議員らも来賓で出席した=京都市中京区で、矢倉健次撮影

 「45万票程度を獲得しトップ当選を」。参院選京都選挙区(改選数2)で、現職の西田昌司氏(60)の3選を目指す自民党が6月15日に京都市中京区のホテルで開いた総決起大会。府連会長の二之湯智参院議員は来賓の公明党関係者らを含む約1000人を前にゲキを飛ばした。連立を組む公明と4月の府議選での得票合計は約40万票。国政選挙の方が投票率が高いことを念頭に「上回らなければならない」と訴えた。

この記事は有料記事です。

残り1291文字(全文1484文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 国民民主の両院議員総会 津村副代表がツイッターで自爆し紛糾

  2. 首相が演説で地方創生の成功例として紹介した男性、島根県外に転居していた

  3. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  4. 全盲女性にCBCが謝罪と和解金 コンサートで不適切対応

  5. 「桜を見る会」廃棄されたはずの内閣府資料あった 2014~19年の招待者数も公表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです