メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

現場から

長田・語学にはまる中学生 韓国語通じ文化知る きっかけはK-POPアイドル /兵庫

「ナドゥリ語学教室」で韓国語を学ぶ中学生たち=神戸市長田区で、韓光勲撮影

 神戸市長田区で韓国語を習う中学生たちがいる。最近は「第3次韓流ブーム」と言われ、K-POPにはまった生徒たちが「ナドゥリ語学教室」に通い始めた。運営する神戸コリア教育文化センター代表の金(キム)信〓(シニョン)さん(66)によると、韓国にルーツがなくても、言葉を勉強したいという子どもが増えているという。【韓光勲】

 今年4月、K-POPファンの中学生3人が「韓国語を勉強したい」とナドゥリ語学教室を訪れた。さまざまなレベルで開講されているが、一般の中学生の参加は初めて。新しいクラスの開講には最低でも5人が必要だが「K-POPアイドルみたいに韓国語を話したい」という3人の熱意に負け、金さんは開講を決意した。初学者向けにハングルの書き方から教えている。

この記事は有料記事です。

残り685文字(全文1012文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

  2. 金沢市内の男子中学生陽性 感染者の家族 症状なし、学校は休校に 新型肺炎

  3. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  4. クルーズ船下船後に女性が陽性、発熱 初のケース 栃木県発表 新型肺炎

  5. 新型コロナ「花見川区の中学校教諭り患」「安易に校名広げない配慮を」 千葉市長がツイート

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです