メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

役指帳

石見最古 江津で発見 多鳩神社末社、1754年の神楽 /島根

江戸時代に書き写された神楽の役指帳=島根県江津市教委提供

 江津市教委は、神楽の演目や舞い手などを記した江戸時代の「役指帳(やくざしちょう)」、江津市教委提供=が江津市内で見つかり、県西部の石見地域での発見としては最古になると発表した。市教委は「神事のプログラムが完全に残る史料の発見は初めてで価値が高い」としている。【柴崎達矢】

 今回見つかった役指帳は、多鳩(たばと)神社(江津市二宮町神主)の末社だったと考えられる客大明神(きゃくだいみょうじん)と皇子社(いずれも同市千田町)で1754(宝暦4)年に行われた神楽の記録。175…

この記事は有料記事です。

残り354文字(全文590文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  2. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  3. セブン「24時間」縮小、時短営業を本格実施 加盟店に指針配布

  4. 死因は脳挫滅 生きたまま東尋坊転落か 滋賀トランク監禁事件

  5. 40代後半「就職氷河期」支援なぜダメなの? 非正規、若年層より多いのに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです