メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

しまねの高校探訪

隠岐 第75回記念センバツ、21世紀枠で出場 /島根

センバツ出場が決まり、喜びを爆発させる隠岐高ナイン=2003年、佐藤賢二郎撮影

 1912(大正元)年に西郷町ほか11村組合立隠岐女子技芸学校として創立。「良妻賢母」が教育方針だった。数回の校名変更の後、戦後の学制改革で48(昭和23)年に男女共学の県立隠岐高校になった。49(昭和24)~54(同29)年に一時、隠岐水産高を統合し、校舎を分けて水産科としていた。55(昭和30)年に海士町に島前分校を設置し、65(昭和40)年に分校が隠岐島前高として独立した。2013(平成25)年に創立100周年を迎え、卒業生は1万人を超える。普通科と商業科がある。

 現在の校訓は「健・智・拓」。1937(昭和12)年に当時の校長が「報恩・勤倹・礼譲」と校訓を定めた…

この記事は有料記事です。

残り780文字(全文1067文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 松尾貴史のちょっと違和感 台風15号が千葉県直撃 組閣を優先した「棄民」政権

  2. 犯罪被害にあった上、苦しい生活 なぜ経済的支援は届かないのか

  3. 西川さん絶叫「揺らせよ!」観客熱狂 イナズマロックフェス2019開幕 滋賀・草津

  4. 松井・大阪市長の処理水発言に、近隣県知事らが異論

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです