メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新刊「地球をめぐる不都合な物質」

深刻な途上国の化学汚染 愛媛大環境センター教授・田辺さん、国末さん警鐘 /愛媛

「若い皆さんに読んでいただきたい」と「地球をめぐる不都合な物質」を示す愛媛大沿岸環境科学研究センターの田辺信介・特別栄誉教授=松山市文京町の同大で、松倉展人撮影

「中高生に読んでほしい」

 世界中に拡散する化学物質がもたらすものは--。日本環境化学会編の新刊「地球をめぐる不都合な物質」(講談社ブルーバックス、税別1000円)で、愛媛大沿岸環境科学研究センターの田辺信介特別栄誉教授(68)と国末達也教授(50)が全8章のうち1章を執筆し、海生哺乳動物の化学物質による汚染と途上国のダイオキシン汚染に警鐘を鳴らしている。【松倉展人】

 同書は現代社会にとって便利な性質だけでなく、ヒトや野生動物に毒性を持つ「不都合な物質」が世界を覆っ…

この記事は有料記事です。

残り682文字(全文916文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  2. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  3. 大津市長選、元滋賀県議の佐藤健司氏が初当選 反現職の自民系新人

  4. お年玉付き年賀はがき当選番号決まる 特賞に五輪チケット

  5. 卓球全日本・波乱の結果 東京五輪代表5選手はなぜ勝てなかったのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです