特殊詐欺対策

録音機貸し出し5年目 利用高齢者の被害ゼロ 県警「効果裏付け」普及に力 /長崎

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 高齢者の特殊詐欺被害を防ごうと、県警が固定電話用の自動通話録音機の無料貸し出しに取り組んでいる。2015年度の開始から利用者が被害に遭ったケースはなく、県警は「効果が裏付けられた」として普及に向けた周知に力を入れる。【中山敦貴】

「1人暮らしでも安心」

 県警は現在、約950台を保有しており、65歳以上の県民が希望すれば原則1年間借りられる。録音機を取り付けた電話に着信があると、発信側に「この電話は振り込め詐欺などの犯罪被害防止のため、会話内容が自動録音されます」などとアナウンスが流れ、その後に通話が録音される。

 犯人側は、やりとりが「声紋」として証拠に残るのを恐れて電話を切るため、特殊詐欺の“撃退”に効果があるとされる。録音機を貸し出したうち149世帯を対象に県警が先月実施したアンケートでは、95%が「不審電話がなくなった」または「かなり減った」と回答した。今月14日に浦上署から同機を借りた長崎市の楢林順子さん(78)は、「1人暮らしでも安心して電話に出られるようになった」と話す。

この記事は有料記事です。

残り308文字(全文755文字)

あわせて読みたい

注目の特集