メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特殊詐欺対策

録音機貸し出し5年目 利用高齢者の被害ゼロ 県警「効果裏付け」普及に力 /長崎

 高齢者の特殊詐欺被害を防ごうと、県警が固定電話用の自動通話録音機の無料貸し出しに取り組んでいる。2015年度の開始から利用者が被害に遭ったケースはなく、県警は「効果が裏付けられた」として普及に向けた周知に力を入れる。【中山敦貴】

「1人暮らしでも安心」

 県警は現在、約950台を保有しており、65歳以上の県民が希望すれば原則1年間借りられる。録音機を取り付けた電話に着信があると、発信側に「この電話は振り込め詐欺などの犯罪被害防止のため、会話内容が自動録音されます」などとアナウンスが流れ、その後に通話が録音される。

 犯人側は、やりとりが「声紋」として証拠に残るのを恐れて電話を切るため、特殊詐欺の“撃退”に効果があるとされる。録音機を貸し出したうち149世帯を対象に県警が先月実施したアンケートでは、95%が「不審電話がなくなった」または「かなり減った」と回答した。今月14日に浦上署から同機を借りた長崎市の楢林順子さん(78)は、「1人暮らしでも安心して電話に出られるようになった」と話す。

この記事は有料記事です。

残り308文字(全文755文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホンダ熊本が8強入り決める JR東日本は打線が沈黙 都市対抗

  2. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  3. 競馬ジャパンカップ アーモンドアイが有終の美 引退レースで最強証明

  4. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 新しい形態の学問弾圧「菅首相は歴史に名前が刻まれる」 木本忠昭・日本科学史学会会長

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです