メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人めぐり

八代市坂本町の祭り・食文化を冊子にした 坂本桃子さん(29)=水俣市 今の暮らしを大切に /熊本

 国内初の本格的なダム撤去(2018年春に完了)で全国的に注目が集まった熊本県八代市坂本町地域(旧坂本村)は、高齢化や過疎化が進む中、ダム撤去を契機とした地域再生に取り組んでいる。それを中心的に引っ張った一人が、地元ケーブルテレビに勤めていた坂本桃子さん(29)だ。今春、生まれ育った土地を離れるに際し、「坂本での集大成」として昔から伝わる祭りと食文化を取り上げた小冊子「食べて祀(まつ)って」を作った。冊子に込めた思いを聞いた。【笠井光俊】

 Q ケーブルテレビでは各集落を歩く名物企画などを次々と体当たり取材していたほか、仕事以外でも、地域…

この記事は有料記事です。

残り1037文字(全文1308文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  2. 東名あおり運転控訴審 1審判決を破棄、地裁に差し戻し 「危険運転」は否定せず

  3. 東名あおり事故初公判 死亡夫婦の次女の供述「パパとママが死んでしまいました」

  4. 須磨海浜水族園、民営化で小中生入場料3倍超え 市民「高過ぎ」署名活動

  5. あおり運転 暴行容疑で男逮捕 ボンネットたたく 稲敷署 /茨城

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです