メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

G20

首脳宣言 「自由・公平な貿易に努力」 「反保護主義」盛らず

 日本が初めて議長国を務めたG20首脳会議は29日、「自由、公平、無差別で安定した貿易の実現」を目指すとする首脳宣言を採択し、閉幕した。米中貿易戦争などで世界経済の下振れリスクが高まっていることを受けて、自由貿易の重要性を強調した。環境問題では、G20各国が2050年までにプラスチックごみによる新たな海洋汚染ゼロを目指すとする共通目標「大阪ブルー・オーシャン・ビジョン」を盛り込んだ。

 首脳宣言は世界経済の現状について、「成長は低位で、リスクは依然として下方に傾いている」と分析。「貿…

この記事は有料記事です。

残り743文字(全文986文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 秋元司衆院議員の関係会社を捜索 元政策秘書が設立 不透明な資金移動か 東京地検

  2. 40代半ば ソウル下宿日記 韓国人客の消えた対馬に釜山から行ってみた

  3. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  4. 菅官房長官、桜を見る会「説明足りないとも思う」「国民から理解されていない」

  5. 「納得されていない方がたくさん」「疑惑というのは、よく分かりません」 菅長官会見詳報

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです