メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

G20

首脳宣言 「自由・公平な貿易に努力」 「反保護主義」盛らず

 日本が初めて議長国を務めたG20首脳会議は29日、「自由、公平、無差別で安定した貿易の実現」を目指すとする首脳宣言を採択し、閉幕した。米中貿易戦争などで世界経済の下振れリスクが高まっていることを受けて、自由貿易の重要性を強調した。環境問題では、G20各国が2050年までにプラスチックごみによる新たな海洋汚染ゼロを目指すとする共通目標「大阪ブルー・オーシャン・ビジョン」を盛り込んだ。

 首脳宣言は世界経済の現状について、「成長は低位で、リスクは依然として下方に傾いている」と分析。「貿易と地政を巡る緊張は増大してきた」として、リスクに対応するために「更なる行動をとる用意がある」との姿勢を示した。

この記事は有料記事です。

残り687文字(全文986文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石川県知事、外出自粛の東京都民に観光アピール 地元は困惑

  2. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  3. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  4. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  5. アイリスオーヤマ、国内でマスク生産 月6000万枚供給へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです