メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米中首脳会談

米、対中追加関税先送り 貿易協議再開へ

会談を前に握手するトランプ米大統領(左)と中国の習近平国家主席=大阪市住之江区で2019年6月29日、AP

 トランプ米大統領と中国の習近平国家主席は29日、主要20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)が開かれた大阪市内で会談し、5月上旬から中断している通商協議を再開することで一致した。トランプ氏は年間輸入総額3000億ドル(約32兆円)相当の中国製品に対する追加関税措置の発動を当面見合わせると表明。中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)と米企業との取引禁止措置を緩和する意向も示した。【赤間清広、高本耕太】(8面に「論点」)

 両国が「一時休戦」で合意したことで、貿易戦争の更なる激化によって世界経済が打撃を受ける事態は当面回避されたが、主張の隔たりは依然として大きく、対立の抜本解決に向けた協議は依然予断を許さない状況だ。会談後の記者会見で、トランプ氏は「中国と交渉を継続する。(既に発動済みの)関税は撤廃しないが、追加の関税を発動することもしない」と表明。「中国は米国の農産物を買うことになった。近く中国に買ってほしい品目…

この記事は有料記事です。

残り508文字(全文923文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 1本20万円超の水を勝手に注文、支払い巡り女性を脅した容疑でホスト逮捕

  2. 東京都、新たに389人の感染確認 5日ぶりに300人超 新型コロナ

  3. まさかの「車道」でも 沖縄、あまりにも多い「路上寝」 年7000件超、死亡事故も

  4. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

  5. 犬の散歩中、男性はねられ死亡 運転の大学生「LINE来たのでスマホを」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです