メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

焦点

日米安保「改定必要」 トランプ氏、選挙にらみ 米の負担減、狙いか

日米安保を巡るトランプ氏のこれまでの発言

 日米安全保障条約見直しの必要性を安倍晋三首相に直接伝えていたという29日のトランプ米大統領の発言。トランプ氏はこれまでも条約への不満を漏らしていたが、「改定」に言及したことで今後日米間の課題になる可能性もある。2020年米大統領選を見据えたアピールとの見方も広がるが、「強固な日米同盟」を強調してきた日本政府は困惑している。

 日本の安全保障政策の根幹である日米安保条約について、トランプ米大統領は29日の記者会見で、相手国の防衛義務を米側のみが負う規定が「不公平」と批判した。その主張自体は2016年大統領選当時から変わらぬものだが、この日は「改定」の可能性にまで踏み込んだ。

この記事は有料記事です。

残り1678文字(全文1967文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名古屋市、幼稚園も休みに 河村市長が方針 卒業式も中止

  2. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  3. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  4. 「社会が崩壊しかねない」 熊谷・千葉市長がツイート 小中高休校要請巡り

  5. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです