メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

時代の風

G20「おもてなし」だけでなく 日本自ら変革の道筋を=中西寛・京都大教授

中西寛・京都大教授=東京都千代田区で、北山夏帆撮影

中西寛(ひろし)

 この文章を執筆しているのはG20大阪首脳会議の開催中である。2008年に始まったG20首脳会議が14回目で初めて日本に回ってきた。G20は主要経済国19カ国と欧州連合(EU)を指すが、実際にはそれ以外の17の国家、国際機関も招待されており、日本が議長国となる首脳会議では歴史的にも最大規模となる。

 リーマン・ショック直後、当時のブッシュ米大統領の呼びかけで始まり、西側先進国に中国、インド、ブラジ…

この記事は有料記事です。

残り1531文字(全文1738文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡山の警察学校教官、訓練中にナイフで巡査刺す 「緊張感出すために本物を」
  2. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委
  3. 福岡・粕屋の女性殺害、古賀容疑者「騒がれたので首絞めた」
  4. 知事が「非国民」と非難される「気味悪さ」 秋田選挙区どうなるか
  5. 10~30代の死因1位は自殺 G7で日本のみがトップ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです