特集

関西経済

関西の経済、企業情報のページです。経済の話題を分かりやすく伝え、キーパーソンのインタビューや識者コラムもお届けします。

特集一覧

クローズアップ

貿易戦争、米中消耗 景況悪化し休戦

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
会談に臨むトランプ米大統領(左端)と中国の習近平国家主席(右端)=大阪市住之江区で2019年6月29日、ロイター
会談に臨むトランプ米大統領(左端)と中国の習近平国家主席(右端)=大阪市住之江区で2019年6月29日、ロイター

 米中両首脳は29日、世界を揺るがせていた貿易戦争を再び「休戦」することで一致した。追加関税を課し合う消耗戦は双方の経済に痛みを強いており、これ以上の対立激化は得策ではないと歩み寄った形だ。しかし、米中ともに収束に向けた青写真が描けているとは言い難い。待ち受けるのは終戦か再燃か。再開する協議の行方を、世界が見守っている。

 「摩擦より協力が、対決より対話がいい。協調・協力・安定を基調とした中米関係を推進したい」。主要20カ国・地域(G20)首脳会議の合間を縫って行われた首脳会談。習近平国家主席が呼びかけると、トランプ大統領は「公正な貿易協定を結ぶことができれば歴史的だ」と応じた。

この記事は有料記事です。

残り3027文字(全文3319文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集