トランプ米大統領

露製兵器購入に懸念 トルコ大統領に

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 トランプ米大統領は29日、大阪市でトルコのエルドアン大統領と会談した。米ホワイトハウスの声明によると、両首脳は2国間貿易やシリア情勢を協議。トランプ氏は、トルコによるロシア製地対空ミサイル「S400」購入に懸念を表明し「北大西洋条約機構(NATO)の同盟深化につながる米国との防衛協力推進」を求めた。

 米国は同盟国トルコがS400を導入すれば、軍事機密がロシアに流出すると憂慮。「S400購入かNATO残留かを選択しなければならない」(ペンス副大統領)などと圧力を強めている。29日の会談冒頭、トルコが導入した場合、制裁を発動するかどうか記者団に問われたトランプ氏は「検討している」と述べた。一方でトランプ氏は、オバマ前政権がトルコによる米国製地対空ミサイルの購入に制限をかけていたと指摘。「問題は複…

この記事は有料記事です。

残り128文字(全文479文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集