メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イラン

核合意維持に「不十分」 欧州の提案に対し

 イラン核合意を巡り、イランと英仏独中露の6カ国は28日、ウィーンで高官レベルの協議を開いた。英仏独は、米国の制裁下でも欧州企業がイランと取引できる「特別目的事業体」(SPV)を稼働させたことを発表し、イランに核合意の維持を要請。イランは「(合意維持に向け)一歩前進だ」と評価しつつも、原油輸出を求めているイランにとって「まだ不十分だ」と強調した。

 イランは5月、欧州が米国による制裁を補償する具体策を示さないことから、核合意の一部履行停止を宣言。…

この記事は有料記事です。

残り324文字(全文548文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子2位は「プリンス」服部勇馬 コース何度も試走、徹底した準備 MGC

  2. 男子2位の服部、設楽の独走に「冷静でいられなかったが、自分の走りできた」 MGC

  3. MGC STORY 鈴木亜由子「早熟」評価覆してくれた監督と集大成へ

  4. MGC STORY 前田穂南 芯の強さで台風の日も練習 補欠だった高校時代から才能大きく開花

  5. 前田、鈴木が東京五輪代表に内定 マラソン女子

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです