トランプ米大統領

非武装地帯へ 韓国で視察計画 米朝会談なるか

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【左】トランプ米大統領=ゲッティ共同【右】北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長=AP共同
【左】トランプ米大統領=ゲッティ共同【右】北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長=AP共同

 主要20カ国・地域(G20)首脳会議出席のため大阪を訪問中のトランプ米大統領は29日、同日夜から訪問する韓国で、南北の軍事境界線がある非武装地帯(DMZ)を視察する計画を明らかにし、「もし金委員長(北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長)がこの書き込みを見ていたら、握手してあいさつするために会うかもしれない!」とツイートした。北朝鮮側も「非常に興味深い」と応じた。米朝首脳会談が実現すれば、今年2月以来3回目の対面となる。【高本耕太、ソウル渋江千春】

 トランプ氏はツイート後の29日朝、サウジアラビアのムハンマド皇太子との朝食を兼ねた会談冒頭、「金委員長が(北朝鮮)国内にいるかどうかも知らないが今朝、打診してみた。彼が会いたかったら私は境界線にいる。2分間でも構わない」と記者団に語った。

この記事は有料記事です。

残り500文字(全文852文字)

あわせて読みたい

注目の特集